ハーレクイン・ヒストリカル

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・ヒストリカル。これを読まずに眠れない。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

十年目の蜜月 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「叔父さん、ぼくを猿と結婚させるなんてひどいよ!」夫となる少年のこの言葉は、十歳の花嫁の心に傷を残した。幼いベスは教会の祭壇の前で泣きながら結婚したくないと言い張ったが、結局は儀式をすませ、少年ドルーの正式な妻となった。相手は高貴なエクスフォード伯爵家の跡継ぎだからと言われても、不器量な自分と紅顔の美少年が夫婦だと考えるのは耐えられなかった。しかし、間もなくドルーは去っていった。“おとなになったらまた会おう”と言い残して。そして十年がたち、ドルーが―夫が戻ってくることになった。ベスにはすぐに彼がわかった。誰もが振り返る美貌は十年前と変わらない。ところが、ドルーのほうはベスが妻とは思わなかったのだ。彼は乗馬服姿のベスの胸に手を伸ばし、うなじに唇を寄せた。「美しい妖精よ、きみの名は?」。

料理番の娘 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
高潔な聖職者だった父親の死後、エマ・リンに遺された財産はほとんどなかった。自活することを余儀なくされた彼女はかつて自分の子守をしてくれたマーサ・ラッジのもとへ身を寄せ、得意な料理の腕を生かしてラッジ夫妻の経営する小さな宿屋で働き、生計を立てていた。そんな折、ベネディクト・グラントリーという貴族が宿を訪れ、たちまち村人たちの耳目を集める。でも…あんなに都会的で洗練された人がいったい何をしにこんな田舎までやってきたの?エマの興味は尽きなかった。

内容(「MARC」データベースより)
高潔な聖職者だった父親の死後、エマ・リンに遺された財産はほとんどなかった。彼女は、かつて自分の子守をしてくれたマーサ・ラッジのもとへ身を寄せ、ラッジ夫妻の経営する宿屋で働き、料理の腕を生かして生計を立てていた。

寂しき婚礼 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
結婚が苦しみしかもたらさないのなら、一生夫を拒み続ければいいのだ。エレナは親が決めた結婚相手から逃れるため、出会った当初から惹かれていたキットの元を訪ね、駆け落ち同然で結ばれた。ところが式を挙げた直後、夫が忽然と姿を消してしまう。おかげで、ひとり屋敷にとり残されたエレナには捨てられた花嫁という、ありがたくない呼び名がついた。口さがない人々の中傷は無視すればいい…そう思っていたエレナだが、夫が大陸でオペラ歌手と恋仲になっているという噂が耳に入る。もういつまでもめそめそと泣き暮らすわけにはいかなかった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
コーニック,ニコラ
イギリスのヨークシャー生まれ。詩人の祖父の影響を受け、幼いころ歴史小説を読みふけり、入学したロンドン大学でも歴史を専攻した。卒業後、いくつかの大学で管理者として働いたあと、本格的に執筆活動を始める。現在は、夫と二匹の猫と暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

貴婦人の秘密 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
整った容貌、優美な立ち姿、上品なふるまい―いまのエリザベスに、以前のさえない少女の面影を重ね合わせる人がどれだけいるだろう?かつてエリザベスの婚約者だったサー・リチャードもその例にもれず、友人の子爵の屋敷で会った美しい女性が彼女と知って驚いた。いや、驚いたばかりか憤りと嫉妬を覚えた。本来なら、エリザベスは彼のものになっていた女性だ。それをみすみす逃がしたとは一生の不覚。リチャードは決心した。彼女を妻にしよう、今度こそ。しかし、エリザベスは乗り気ではなかった。彼女には秘密があった。令嬢にはあるまじき秘密が、リチャードを愛するがゆえの大胆で奔放な過去が…。

Book Description
Marriage was the only option . . . Miss Elizabeth Beresford had become an heiress upon her grandmother's death. Her sister, Evadne, thought she was very clever when she engineered that Elizabeth would be trapped overnight in the cellars with Evadne's brother-in-law. Except that the plot misfired and it was Sir Richard Knightly who became entrapped with Elizabeth! Richard was not unwilling to marry, for Elizabeth had changed beautifully from the young girl he remembered. It was Elizabeth who was reluctant, for she loved him and there was something she couldn't tell him . . .
--このテキストは、 マスマーケット 版に関連付けられています。

長き旅の終わり―戦士に愛を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
いずれ父親の所領を継ぐサー・ジョージ・ド・グラマシーは、常に貴族の娘たちの憧れの的で、一番の花婿候補だった。もともと美男子であるうえに身なりには気をつかい、あか抜けた物腰と機知に富んだ会話で世の王侯貴族たちを魅了する。そのジョージが父の死によって新領主となり、十五年ぶりに故郷に帰ってきた。彼は父の遺言に従って隣の領主の一人娘アイリアスを娶ろうと決意していた。だが、彼女は供の者もつけずに野山を駆け回るとんでもないじゃじゃ馬!格好は男のようで、洒落者のジョージを軟弱な気取り屋と非難する。それでもジョージは彼女が欲しかった。アイリアスは彼の中に潜む荒ぶる男の魂を刺激したのだ

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ムーア,マーガレット
ロマンス小説家。カナダのオンタリオ州スカボローに夫と二人の子供、二匹の猫と住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ベネチアの幻 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
一七六七年十月、ベネチアは町全体がカーニバル気分に浮かれていた。ジプシーの血を引くキアラは、母を捨てた父に復讐するつもりでローマからこの地にやってきた。手持ちの金が乏しくなり、仕方なくサン・マルコ広場で得意の占いをして小銭を稼いでいるときだった。怪しげな男たちに無理やり豪奢な賭博場に引っ張り込まれ、客の運勢を見るよう強要されたのだ。そこでベネチア貴族ルカを目にして、彼女は愕然とした。あれは妹を陵辱した悪魔!しかし、備わった透視能力を駆使しても、ルカが妹を辱めた張本人とは思えない。確かに彼は悪魔だった―抗いがたい魅力で人を虜にする美しい悪魔。そしてキアラは文字どおりルカの虜となってしまった。金で買われ、彼の館に閉じ込められる羽目に陥ったのだから。夜ごと訪れる甘美な拷問のとき。囚われの身となれば逃れようもなく…。

夢に見し人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
夢に未来の夫が現れるという聖アグネス祭前夜、ジェーンは長身の、見知らぬ男性の夢を見る。それから四年後、ジェーンに縁談話が持ち上がるが、相手のフィリップは受け入れがたい無礼な人だった。策略を練り、難なく彼を追い払ったと思ったのも束の間、フィリップの兄アレックスが現れて彼女に真実を問いただした。アレックスはジェーンの策略に気づいたのだ。そしてジェーンも同時に気づいていた。アレックスが、夢に見て以来かたときも忘れられない男性であることに。だが彼は強引な態度で、なんとしても弟と結婚させようとする…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
コーニック,ニコラ
イギリスのヨークシャー生まれ。ロンドン大学で歴史を専攻。卒業後、いくつかの大学で管理者として働いたあと、本格的に執筆活動を始める。現在は、夫と暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

聖骨箱の秘密 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
オリアンは十八歳にして、叔父から金細工の店を任されていた。ところが今、まさに八方ふさがりの状況だった。貴重品を入れた収納箱から宝石や金貨が消え、帳簿の数字が書き換えられている。それを従兄のレオが、オリアンの仕業だと声高に訴えはじめたのだ。かわいがってくれた叔父は、ならず者に襲われて亡くなり、彼女をかばう者は誰もいない。いや、一人だけ救いの手を差し伸べてくれた―ヨーク近隣の領主サー・ユーアン・フィッツハーディングが、オリアンを妻にする代わりに、レオを黙らせると約束したのだから。けれども、これが果たして救いと言えるのだろうか?彼はオリアンの唇を奪い、唖然とする彼女にこう言い放った。「両親が望んでいる孫を産んでくれれば、きみの愛など必要ない」。ひたむきで若々しいヒロインに惹かれたヒーローの、強引でちょっと変わった求愛のかたちとは…?『薔薇の冠』『強引な求婚者』と話題作を提供してきたジュリエット・ランドンの最新作。

美貌のシャペロン―放蕩貴族の素顔〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
二十七歳になったアニスは今の境遇に満足していた。貴族の娘の付き添い人として生計をたて、誰に頼ることなく心静かに暮らす―それはやっと手に入れた心の自由だった。だから、遊興に耽るアシュウィック卿に声をかけられたときも、彼女は素知らぬふりをしてやり過ごそうとした。だが彼は見逃さなかった。不格好なボンネットをとったアニスの豊かな金髪が陽光に輝き、その溌剌とした笑顔から白い歯がこぼれるのを。これはこれは…。彼の口元が思わずほころんだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
コーニック,ニコラ
イギリスのヨークシャー生まれ。詩人の祖父の影響を受け、幼いころ歴史小説を読みふけり、入学したロンドン大学でも歴史を専攻した。卒業後、いくつかの大学で管理者として働いたあと、本格的に執筆活動を始める。現在は、夫と二匹の猫と暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ユニコーンの花嫁―王家の伝説〈1〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
十三世紀半ばのフランス、ランドック地方。この地方でもっとも力のあるペレイユ家の当主の結婚が決まった。花嫁は、貧しい騎士の養女として育てられたアリノール。不つり合いな縁組に疑問をいだくものが多く、花家も不安を感じていた。知る人もいない、いかめしく不気味な要塞のような城で、まだ会ったこともない夫と暮らしていけるのだろうか。アリノールの不安は、結婚式の祭壇の前で頂点に達した。現れたのは、山羊飼いに伴われた一本角の山羊。まさか…この山羊が夫だというのではないでしょうね。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
デラクロワ,クレア
1993年『汚れなき薔薇』でデビュー。間もなくヒストリカル分野のトップ作家となる。ヨーロッパの広範囲を舞台にしたファンタジックな作風が特徴。カナダのトロント在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[アキバ中毒のページ] [電子たばこ] [ハロー!江東区!] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [台東クラブ] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [墨田区紀行] [東京ぶらぶら] [美容外科] [高収入バイト情報] [鶯谷・うぐいすだに] [千葉の印刷なら千代田印刷] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [台東紀行]

ooo日本蕎麦ならぬ千葉蕎麦!ooo アキバ中毒のページooo 特大房総!房総の魅力満点!ooo リアクション芸人ooo 山手線で行く!Libraryooo 風呂の事ooo ~山手線エリア こだわりの和菓子屋~ooo 千葉を中心としたの潮干狩り場・潮干狩り情報をご紹介する~ちば潮干狩り.COM~ooo 東京都台東区根岸を紹介するページooo 原宿をもっと知ってほしくて…ooo おもちゃ、ホビー.コレクションooo 千葉ビーチONLINE! 館山、勝浦、鴨川、南房総、御宿、九十九里のビーチ情報!ooo アメ横一番!ooo パソコン.コレクションooo 千葉県の自然ooo リネージュIIクロニクル4ooo AKIBA-JUNKooo ちば!ちば!ちば!千葉の伝統文化。ooo 山手線エリアで食べられるおいしいパン。ooo 千葉の醤油ooo